東明館中学校・高等学校|佐賀県基山町

» 北九州市立大学 森田洋 教授による出張講義が行われました。【SGH課題研究プログラム キャリアガイダンス】

SGH課題研究プログラムの一環として、2016年1月21日(木)高校1年生を対象に、北九州市立大学 森田洋 教授(※)をお迎えして「裏切らない微生物の可能性~暮らしを支える小さな生き物たち」というテーマで、ご講義下さいました。

(※)北九州市立大学 国際環境工学部 環境生命工学科

                                          キャリアガイダンス

img27img30

大学での研究とは                                 大学でどんなことを勉強、研究できるか興味津々

 

img29img28

 乳酸菌は腸まで届かないと意味がない?     果たして、カルピスは生きた乳酸菌が腸まで届くの?

 

img32img33

微生物の数はいくつ? 都会の街路では? 映画館では?       質疑応答です

 

微生物の話でした。例えば、乳酸菌について、身近な話が多くあり、科学について新しい発見があり身近に

感じとれたようです。 面白い話も多く、生徒の笑いもあふれるご講義となりました。生徒たちは目も耳も

先生の説明に釘付けの100分間でした。