» 【第4回 古賀洋先生 (保健体育)】お題:東明館野球部

◆教員リレーコラム◆

第4回の担当は・・・古賀洋先生 (保健体育)

お題『東明館野球部』

 

 

 今回の教員リレーコラムは、4月4日(日)に行われた、第148回九州地区高校野球佐賀大会の決勝戦で、多久高校に6対5で勝利し、2季連続3度目の優勝を果たした野球部顧問の古賀先生のインタビューです。

 

Q野球部は、いつからありますか?

(古賀先生)東明館が設立した昭和63年に創部しました。とにかく、すごく弱かったです。

 練習試合では、30点以上取られて負けたこともあります。

 初の公式戦で龍谷高校との対戦では、県のコールドの記録を更新するかと心配しましたが、0-12のコールドゲームで済みホッとしました。

 

Qちなみに入部者の中で野球経験者は、いましたか?

(古賀先生)2年目に初めて公式戦に出場したとき、部員は10人で経験者は3人でした。つまり、7人は初心者です。

 

Q野球初心者への指導で苦労したことは? 

(古賀先生)ボールの握り方から指導しました。最初は、ボールを5本指でわしずかみする

 部員がいて3本指で持つことと縫い目に沿って握るように指導しました。また、細かなルールは分からない部員もいて、公式戦でも数々の珍プレーがありました。

 

Q初勝利はいつですか?

(古賀先生)平成元年夏の大会で神埼農業高校(現神埼清明高校)戦です。

 

Q当初から今まで、指導法など変わった点、変わらない点はなんですか?

(古賀先生)変わらない点は野球が嫌いにならないように指導しています。変わった点は楽しい野球から勝つ野球の指導になったことです。野球部OBの「昔でよかった。今の野球部なら辞めています。」という声を聞きます。

 

Qかつて弱かった東明館が強くなったきっかけは何でしょうか?

(古賀先生)強化部になったことと、豊福先生の力です。

 

Q古賀先生自身の野球歴を教えてください。

(古賀先生)部活で野球(軟式)を始めたのは、中学校1年生の2学期からです。10月の新人戦には1年生ながら出場していました。高校では硬式野球部に入り、大学でも続けました。

 

Qポジションは、どこでしたか?

(古賀先生)大学ではピッチャーでした。アンダースローで球種は、ストレート・カーブ・ スライダー・シュート・ナックルです。ストレートの球速は130km/hくらいでしたが、大学2年の時に腰を痛め、それをかばっていたら肩を壊してしまいました。

 

Q最後に「神っている」で有名な広島の緒方孝市元監督は、先生の後輩とお聞きしましたが、本当ですか? 

(古賀先生)本当です。孝市が高校に入学したときにコーチをしていました。守備がとても上手でしたが、ひょろひょろした体でした。3年間で体も大きくなり、足が速く、高校の3年間の公式戦で、盗塁でアウトになったのを見たことがありません。

 今でも年に1回、一緒にゴルフをします。

 

 インタビューありがとうございました。夏の甲子園、期待しています。

 

毎週金曜日更新! 次回は渋谷直美先生(国語) お題は『急ぐことなかれ』です。