» 高校3年中吉憲聖くんの感想文『SSP杯を通して』が県高体連報告に掲載

 高校3年中吉憲聖くんの感想文が、令和2年度佐賀県高等学校体育連盟報告に掲載されました。

東明館高等学校 中吉 憲聖 『SSP杯を通して』

 

 高校生活の部活を終えて、今感じている一番大きい感情は「充実感」だと思っています。今年は例年とは違い、新型コロナウイルスの影響で、三学期の途中から部活を急遽活動できない状況が続き、また長崎遠征や総体が立て続けに中止となり、皆が様々な感情を持っているところだったと思います。学校が再開し、正直何となく部活が終わるという気持ちの中、部活動をしていました。しかし、佐賀県教育委員会や高校体育連盟のおかげで総体の代替大会となる「SSP杯」を開催出来る事になり、サッカー部の皆が一致して出場することに決めました。しかし、大会まで三週間しかなく、休校明けという事もあり、自分を含め、あと少しという時間が焦りとなり、自分自身に一生懸命になり過ぎる事で、練習中に声が出ていなかったりなど、チーム全体としての方向性を見失っている状況が続いていました。何を目標にして戦うのか、皆がお互い何を思って練習しているのかなど、イレギュラーだからこそチーム内で挙棋不定な状況を打破しようとミーティングを開きました。その機会を生かし、団結し、残り少ない日数を皆で戦術を立て、何より皆で楽しく練習することが出来ました。試合当日、対戦相手は佐賀県内でも強豪校で、点を取ることも難しかった結果でしたが、試合終了のホイッスルが鳴り終わった後でも、三年生全員が誰一人として険しい顔をせず、やり切れた雰囲気というのを感じ、思い出すだけで胸が熱くなるのを感じます。例年とは異なりイレギュラーだったからこそ味わえた時間でもあります。そういう意味での「充実感」だと思います。また、自分達は本来総体の中止に伴い、役員の方々により参加できたことにとても感謝しています。最後になりましたが、三年間支えてくださった沢山の先生方、応援してくださった保護者の皆さん、ありがとうございました。