東明館中学校・高等学校|佐賀県基山町

» 特別理数クラスT-STEM+Mについて

T-stem+M育成プログラム2016.7.11

1.目的

特別理数クラスの生徒として以下の人材を育成するために、クラス担任・副担任、教科担当者、学年担当者、また、受講する生徒とその保護者が共通認識を持ってT-STEM+M教育に携わり、指導を行います。

  • 特に理数系の高い学力を有する生徒を育成し、難関大学及び医学部系へ進学する生徒
  • Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)、Medicine(医学)の分野に高い興味関心を持ち、主体的な探究活動を重んじ、自らの将来を積極的に切り開く生徒
  • 積極的に必要な情報を集めて、自ら考え、他者と協力し合って問題を解決していく力に加えて、科学的思考能力、論理的思考力、豊かな表現能力を持った人材

2.内容

本年度は、本校教員による理数分野の特別授業(年22回)の実施、外部講師によるアカデミックな特別な講座(年5回)、さらに8月に行われる東京大学、JAXA宇宙科学研究所への研修の3点です。